ELECTRICAL WORKER

ビル、工場、商業施設、一般住宅などで電気設備の工事をする人を電気工事士といいます。

電気工事士は第一種電気工事士と第二種電気工事士にわかれています。電気工事士は国家資格であり、電気工事法の定めにより電気工事士の免状を受けています。

一種は最大500キロワット未満の需要設備の電気工事作業まで行うことができ、中小規模のビルや工場の屋内配線・受電設備配線などを含む、ほとんどの電気工事に従事することが可能です。二種は一般用電気工作物の電気工事に従事します。

  • オフィスビル、マンションにおける新築工事

    新築工事では屋内配線工事と外線の配線工事を行います。屋内配線工事では、一般家庭であれば、電源からVVFケーブルというケーブルを家中の壁に張りめぐらせて、照明用の引っ掛けシーリング、コンセント、スイッチなどの各機器につなぐという作業をします。

    ビルや工場などの施設になると設計から加工(電気配線など)、管理(定期点検)までを請け負います。外線の配線工事では、電柱から電線をビルや病院、工場、家庭などへ繋ぎます。最近は都市化などが進んでおり、地中の中に電線を通す事も多くなってきました。

  • 屋外イベントや催し物

    コンサートや展示会、スポーツ大会など、屋外のイベントでも電気工事士は活躍します。会場に出向き、現場で仮設の配線工事を行います。イベントでは照明による演出やライトアップが盛んに行われるので、電気を使う場所は多岐に渡ります。そしてイベントや催し物は一過性のものなので、終了時には配線をばらして撤去します。

    (※弊社ではイベントの電気工事施工は行っておりません。)

  • 災害時の復旧活動

    災害による停電にはいろいろなパターンがあります。落雷や大雪による電線の損傷、地震による電線や地中ケーブルの損傷さらには電柱の倒壊など、自然の脅威により電気は常に危険にさらされています。このような事態になった時に電気工事士は復旧作業を行います。電気は私たちの3大生活インフラのひとつなので、早急な対応が必要になってきます。

  • その他

    鉄道関連の現場でも活躍しています。電車に電気を供給する架線や、信号システムや踏切など、これらが正常に作動するように工事をします。他には防災設備の電気工事も行います。火災報知機や漏電火災警報器の設置など、防災に関する電気設備の工事を行います。

FOREIGNER DISSATISFACTION

  • QUALIFICATIONS

    第一種、第二種

    Message
    ビル、工場、商業施設、一般住宅などで電気設備の工事をする人を電気工事士といいます。電気工事士は第一種電気工事士と第二種電気工事士にわかれています。電気工事士は国家資格であり、電気工事法の定めにより電気工事士の免状を受けています。

    一種は最大500キロワット未満の需要設備の電気工事作業まで行うことができ、中小規模のビルや工場の屋内配線・受電設備配線などを含む、ほとんどの電気工事に従事することが可能です。二種は一般用電気工作物の電気工事に従事します。
  • QUALIFICATIONS

    一級、二級

    Message
    電気工事施工管理技士とは、1級と2級に区分された施工管理技士国家資格のうちの一つ。電気工事施工管理技士の資格を有するものは電気工事における施工・工程・品質・安全などの管理を行うことが可能です。

    建設現場には、必ず「1級電気工事施工管理技士」または「2級電気工事施工管理技士」の資格を保有する主任技術者が必要です。また1級電気工事施工管理技士は、規模の大きな工事で現場に常駐する監理技術者としても認められています。電気工事全般の知識の他、安全、リスクマネジメントなど幅広い知識と経験が求められ決して簡単な資格ではありませんが、電気工事施工管理技士は今後より一層貴重な人材となるでしょう。
  • 全国の電気工事会社

    57,984
  • 東京の電気工事会社

    7,677
  • 全国の電気工事士

    250,000
  • 年間の試験開催
    (一種)

    1
  • 年間の受験人数
    (一種)

    43,991
  • 合格率

    約35 %
  • ※電気工事会社数(2017年)、電気工事士数(2020年)、年間の受験者数(2019年)、合格者割合(2019年)

Benefits of acquiring a national qualification

  • 年収が上がる!

    電気工事士のお給料は、勤続年数や経験によっても変わってきますが、保有している資格によっても差をつけることができます。まず、電気工事士の資格を保有していれば、高崎電設においてはダイレクトに一カ月のお給料がアップ!そして、資格を持っていることが昇格の条件となるので、会社でのポジションも上がりまたまた給料もアップ。しかも資格取得のための費用も会社負担なので、一石二鳥です。
  • お客様から頼りにされる存在

    電気工事士は国家資格なので、資格を持っていること自体がお客様からの信頼に直結します。電気のことは専門知識がないとなかなかわからないものです。特に停電や漏電などのトラブルが起こった時は一刻も早く解決をしたいものです。電気に関係するお客様の不安を一刻も早く取り除くことも、電気工事士の重要な仕事です。

TEH PATH TO PASSING

  • Step.1
    現場を知る

    電気設備工事という仕事がどんなところで求められるのかを現場を見ながら知っていきます。

  • Step.2
    作業の流れを掴む

    現場で職人さんと一緒に作業を進めながら様々な工事の一連の流れを掴んでいただきます。

  • Step.3
    基本知識を深める

    はじめに受験するのは第二種電気工事士になると思います。筆記試験が受からないと実技試験に進めないためテキストを用いで基礎知識を深めます。

  • Step.4
    図面が書けるようになる

    図面の見方や書き方を先輩に教えてもらいながら覚えていきます。実際の図面も沢山あり、先輩から生のアドバイスがもらえるので非常に有利な環境で学んでいただけます。

高崎電設の教育
・資格取得支援

電気工事士などの資格取得に必要な費用は会社で負担

WHAT CAN WE SUPPORT
01
電気工事士の資格取得に必要な費用は会社が負担します!電気工事士の受験費用は1万円程度です。講習会を受講する場合は多額の費用がかかりますが、高崎電設では前途有望な若い人材をサポートするために、資格取得のための講習費用と受験費用の両方を会社で負担しています。(試験合格の場合に限る)

合格のお祝い金5万円支給

WHAT CAN WE SUPPORT
02
試験に合格すること、それは本人の喜びでもあり会社の喜びでもあります。資格を取得したことによって任される仕事の幅が広がり、やりがいや面白さもどんどん増してくるでしょう。電気工事士の資格を活かして、どんどん活躍していきましょう!(一級電気施工管理技士の合格で5万円支給しております。)

すでに資格を持っている先輩からのサポートが受けられる

WHAT CAN WE SUPPORT
03
高崎電設には経験豊富な電気工事士の有資格者が多数在籍しています。彼らと毎日一緒に仕事をするだけでもその技術を直に見て学ぶことができますが、休憩時間やお昼休みの時などに先輩に直接質問することもできます。高崎電設にいる電気工事士は、みんな後輩を育てることに熱心です。自分と同じ志を持ち、同じ世界で頑張ってくれる人を一人でも増やしたいと心から思っています。是非、遠慮なく先輩の力を借りて資格取得を目指して下さい。

会社にある材料で思い切り練習ができる!

WHAT CAN WE SUPPORT
04
筆記試験に無事に合格したら、次は技能試験なります。技能試験とは実際に材料を使って、図面通りに電子部品を組み立てるもの。技能試験では実際の電子部品を使用するので、練習にも材料が必要です。高崎電設では試験に向けた練習のために、会社にある材料を提供しています。材料代を気にせずに心置きなく練習でき、同時にベテランの先輩にいつでも相談できアドバイスや指導も得られます。

VOICE

  • 筆記には手こずりましたが無事に
    第二種電気工事士合格しました!

    未経験から20歳で高崎電設に入社しました。現場で学びながらまず電気工事士の受験者向けの講習に行き、さらにネットなどを併用しながら自宅でもテキストで学習しました。
    筆記試験は一人で頑張る部分が多いですが、技能試験に関しては会社にいることで助かったところが沢山あります。まず毎日の仕事が試験内容と直結しているので、リアルに実務を肌で覚えられること。そしてわからないことは先輩に聞くことができること。さらに、技能試験の模擬練習に使用する材料が会社にあるので、それらを使わせてもらえること。今では施工管理として働けています。高崎電設の仕事は規模も大きいので、挑戦のし甲斐はあると思います。

  • この仕事で生きていく。
    1級電気工事施工管理技士に挑戦!

    電気設備の仕事はやりはじめてから18年が経ちます。2〜3年前からは1級電気工事施工管理技士の資格取得にチャレンジしています。施工管理技士の資格を取ろうと思ったのは、これがないと「現場担当者」という形で仕事を受けることができないからです。常に誰かの補佐になってしまうのです。稼げる給料にも大きく影響して来ますし、今後この資格を持っている人材は業界内で非常に貴重な存在となるでしょう。電気のプロとして生きていくには最低限必要な資格だと思います。試験で求められるのは電気全般の知識だけでなく、経営側の知識も必要です。難しい資格ですが、挑戦し続けて自分の人生をより豊かにしていきたいですね。